ワキガはつらいよ!「臭い」とクレームを入れられた男性社員

ワキガはつらいよ!「臭い」とクレームを入れられた男性社員

職場にとても体臭の強い男性社員がいます。
部署が違うので直接話すことはありませんが、彼の残り香で近くにいる、またはエレベーターに乗っていたなど、痕跡がつかめるほどのニオイです。
体臭が強いといっても、単なる汗臭い臭いとは違います。
彼はワキガなのです。

 

私は体臭、ワキガに対しては寛大です。
なぜなら私自身ワキガ体質だからです。
これは母からの遺伝で、自分がワキガ体質だということは10代の時から自覚していました。
ワキガ体質の母はニオイにかなり神経質な人で、そんな母の姿を見て育ったこともあり、私自身かなりニオイに対しては敏感です。
でも、自分もワキガ体質ですから、ワキガなど体臭に関してはかなり寛容だと思っています。
そんな私が許せないのは、ワキガ体質にも関わらず全くニオイ対策しないワキガの人です。

 

自分もワキガなのでわかるのですが、ワキガのニオイは独特で単なる体臭とは異なります。
そして臭ってしまったら、もうどうすることもできないのがワキガ臭なのです。
ですから普段あまり臭わないような人から体臭を感じた時には、気をつけているのに臭ってしまったんだな、と優しい気持ちで見守れるのですが、いっつも臭い人に対してはちょっと厳しい目で見てしまうのです。
これはやはり圧倒的に男性が多いのですが、臭っているのに昨日と同じシャツを着ていたり、今は男性用制汗剤などたくさんあるにも関わらず全くニオイ対策しようとしない人には、ちょっと物申したくなってしまうのです。
彼もそんな臭いには全く無頓着なタイプだと思っていたのですが、ここ最近は以前ほど彼から強いワキガ臭を感じなくなってきました。
やっとワキガ対策してくれたのか、それとも彼女でもできたか、もしかして結婚でもしたか、と喜ばしく思っていたところ、何とお客様から「臭い」とクレームが入ったのだと聞かされました。
販売職としてはお客様からのクレームほど恐ろしいものはありませんから、さすがに彼も気をつけるようになったようです。
よかった、よかった、と思う反面、体臭が臭いことがクレームになるとは、ワキガにとっては肩身の狭い世の中だと感じた出来事でした。
旦那!口臭なんとかしろ

ホーム RSS購読 サイトマップ